口コミでも評判の三幸福祉カレッジに通おう

男性

学ぶ環境が大切

保育士

自身の将来の幅を広げよう

保育士の養成課程がある大学を最大限活用して充実した学生生活を送りましょう。保育士を目指す上で大学と言う選択肢を取るという事はスタートラインが短大卒の人や専門学校卒の人と比べると遅くなる事を指します。短大や専門学校は2年で養成課程が終わるのに対して大学は4年間をかけて保育士を目指していくので、同じ新卒でも短大、専門学校卒の2歳年下と同期になり、同い年の保育士が2年先輩になるのです。それでは短大か専門学校に入学する方が得な様にも見えますが、必ずしもそうではありません。4年間と言う2年長い期間がある分、短大卒や専門学校卒の人が見につける事が出来なかった知識や経験を見につける事が出来ますし、形に残るものとして資格取得が行える時間的猶予があります。知識や経験、資格の取得は大学側のカリキュラムが組まれ、受動的に身に付く場合もありますが、能動的に動いていく事で、より深く、幅広い分野の知識や経験を見につける事が出来るのです。その為、大学選びの際はカリキュラムや講座などが充実している所を選ぶのが好ましいと言えるでしょう。また、自身の視野を広げるという意味では実習先の充実度合いや海外研修などの選択肢もとれる大学を選ぶとより自身の将来の幅が広がるきっかけとなります。実習先の充実度合いや海外研修は自身が全てに参加をしていなくても仲間が参加をする事で刺激を得られるケースもあるので、多様性を見につける事が出来る環境を重視し、最大限活用しましょう。